OTHER CONTENTS

その他

C400GT

BMWBIKES vol.94 掲載記事

Text & Photo / BMWBIKES編集部

NEW MODEL
INFORMATION 02

新エンジンマネジメント
と遠心クラッチを搭載

C400GT

中国の法的要件の変更で
よりパワフルに

 

 C400GTはC400Xと車体やパワートレーンを共有するミドルスクーターだが、フロントマスクの形状やロングスクリーンの搭載など、GTの名に恥じない装備を持ち日常の足からロングツーリングまで幅広く使えるモデルだ。Xとは対照的な落ち着いたカラーリングも魅力の一つである。

 このC400GTも同時にマイナーチェンジ。エンジン関係の変更やASCの搭載、ブレーキ系の刷新など変更点はC400Xと同様だが、もう一つ挙げたいのは最高速度の上昇。

 C400シリーズは、車体の製造を中国のロンシン社がBMWから技術とラインを引継ぎ生産している。そして中国市場での販売拡大も見越していたため、最高速度の設定が中国の法的要件である 129km/hに設定されていた。

 しかし直近でその法規が変わり他のアジアや欧州と同様に139km/hとなり、このC400X/GTも再設定となった。これにより、EU5という厳しい排ガス規制をクリアしつつも、最高速度が上がりパワフルになったというわけである。

アルパインホワイト
スタイルトリプルブラック
カリストグレーメタリック
フロントマスクはC400Xと大きく異なり、一列に並ぶ4眼タイプ。迫力のあるデザインでエレガンス。
メインキーの左右には、便利なコンパートメントを装備。飲み物、財布などが収納できUSBソケットも内包。
普通二輪免許で乗れるミドルスクーターながら、コックピットは上質でエレガンス。大人の雰囲気が漂う。
フロント部にはC400Xと違う大きなスクリーンを装備。冬は暖かく、雨を防ぎ、虫避けとしても効果絶大。