OTHER CONTENTS

その他

NEW MODEL INFORMATION 02

BMWBIKES vol.93 掲載記事

Text & Photo / BMWBIKES編集部

NEW MODEL
INFORMATION 02

アグレッシブなデザインと
常用域の扱いやすさ

S1000R

より公道で扱いやすく
刺激的な走りができる!?

 19年に発表され20年にデリバリーが始まった新型S1000RR。しかし「RRが出たのになぜRが出ないのか」という声もあちこちで聞いた。

 そんなライダーに朗報。フルモデルチェンジを受けた直4ネイキッドS1000Rが昨年11月19日、ネット上でやっと発表された。

 もちろん全体のベースとなっているのはS1000RRでフロント周りを一新。専用にデザインされたフロントマスクとシュラウドが装着され、ハンドルはバーハンドルを採用。このハンドルは位置を2段階に調整可能で、好みや体格に応じて変更できる仕様だ。

フロントマスクはFやRの「R」シリーズと共通したLEDヘッドライト。軽快でシャープなイメージを踏襲し、旧モデルとはがらっと変わった印象だ。

 エンジンも基本はRRのものだが、サーキットを主戦場とするRRの最高出力207hpから、公道でのライディング特性を考慮して165hpへとデチューン。

 RRの目玉であるシフトカム機構も外され、ミッションのギア比は4~6速をロング化。より低中速域の扱いやすさを上げながらも、騒音の低減と燃費の向上を実現している。

 またアンチホッピングクラッチやエンジン抗力トルク制御(MSR)などの電子制御も充実。Mパッケージも用意される模様だ。

カスタムサイレンサーには、RRと同様のアクラポビッチのチタン製がラインナップする模様。
発表された車体には「Mパッケージ」のものなのか、カーボンパーツが多い。これはヒールガード。
「M」が光るクラッチレーバーガード。もちろんブレーキ側もあり。Mパッケージの装備だろう。
Mパッケージはシングルシートで、リアシート部はスモールコンパートメント化。クールデザインだ。