IMPRESSION

インプレッション

BMW R18B②

BMWBIKES vol.96 掲載記事

Text / Tadashi Khono
Photo / BMW Motorrad

BMWBIKES
NEWMODEL IMPRESSION

海外試乗レポート

ドイツだからこそ感じた
18Bのクールさと懐の広さ

ライダーとシステムが築く
新しいバイクの世界

 理由は簡単だ。R18Bには、時を同じくして発表されたR18トランスコンチネンタルも同様に、専用に開発されたフレームとフロント周りのアライメント、そして厳選された電子制御デバイスを搭載しているからだ。

 なによりもフレームが効いている。先に発売したR18のスチール鋼管を使用したフレームをベースにしながら、フレーム上部を通るメイン部材をパイプから鋼鈑板金材に変更し、またステアリングヘッドを車体前方に伸ばし、かつステアリングヘッドアングルを立てたことが大きい。

 フロントフォークにマウントしたカウルが走行風を受けても車体がそれをしっかりと受け止め、ハンドリングへの影響を最小限にとどめている。

 また進行方向に対し、ステアリングヘッドの後方にフロントフォークを配置するネガティブオフセットも採用。これにより軽快なハンドリングを維持しながらも、高い直進安定性も確保されている。

R18BおよびR18トランスコンチネンタルは、大型フロントカウルや大容量のケースが標準装備されたアメリカン・クルーザーカテゴリーに属している。ハーレーダビッドソンを中心に、世界中で多数の販売台数をほこる巨大な市場だ。

 またR18Bを特別な存在にしているのはACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)だろう。自ら設定した前車との車間距離や、最高速度を維持するために加速と減速を自動的に行なう先進の運転支援システムであることは、先に搭載されたR1250RTのレポートなどでご存じだろう。

 しかしその使用フィールドは、高速道路に留まらず、郊外やワインディングにも広がっている。

 こう書くと、ライダーの出番がない、退屈な乗り物のように聞こえてしまうかもしれないが、それは違う。これはライダーとシステムの新しい関係構築を求める最新のバイクだ。そしてその新しい関係が、新しいバイクの世界の入口なのである。

オプションであるギャラクシー・ダスト・メタリック・チタン・シルバー2・メタリック(H0K)カラー採用の車両にも試乗することができた。光に応じて紫から青みがかったフリップフロップペイントを採用。

国際試乗会の舞台となったのはドイツ・フランクフルト。郊外のワインディングが中心のコースであったが、市街地やワインディングの途中にある小さな村々、そしてアウトバーンも走行することができた。

美しいストリームラインが
バガースタイルの基本

大型のフロントカウルから大型バッグを左右に持つリア周りまで、美しいストリームラインを形成している。リアフェンダーとバッグ下側のラインも美しく揃っている。タンク前方からフロントフォークまでの隙間が広く開いていることで、ステアリングヘッドがストレッチされていることがよくわかる。

「BMW R18B③」へ続く

SNSでフォローする