IMPRESSION

インプレッション

BMWに最適なスマートフォンマウント⑥

BMWBIKES vol.95

Text & Photo / Toyoshi Miyashita

スマホと旅する!!
マウント6選

しっかり固定!! ロングも安心!!
BMWに最適な
スマートフォンマウント

90度回転でスマホをスピード脱着!
衝撃吸収モジュールでスマホ故障を防ぐ

DAYTONA SP CONNECT

デイトナ 問:www.daytona.co.jp

iPhone12Pro用ケースとバーハンドルマウント、防水ウェザーカバーがセットになった「モトバンドル」の価格は13750円(税込)。写真は別売りアンチバイブレーションモジュールを追加している状態。

 車体側のマウントと専用スマートフォンケースの組み合わせで、2ステップでスピード脱着を可能とした「SP CONNECT」マウントはバーハンドル用からステム、レバーホルダー、ミラーなど幅広いラインナップとなっており、様々な機種に取り付けることができる。

 また、先ごろスマホのカメラへ伝わる振動を低減する「アンチバイブレーションモジュール」を新発売し、最新スマホも安心して使えるようになった。

アンチバイブレーションモジュールは振動軽減ラバーにより最大60%振動を抑制できる。取り付けは、SP CONNECT標準のアダプターと交換するだけだ。価格は3949円(税込)。
スマホの固定はケースとマウントの突起と溝を合わせて、90度回転させるだけ。外す時はさらに90度回転させる。片手だけで瞬時に脱着できるのがSP CONNECTの特徴となっている。

取り付け場所を選ばない
ベースクランプと
磁力反発による
防振機能を有するホルダー

Corheart F-LOCK&HAWK1

コルハート 問:corheart.co.jp

マウントとクランプはボールジョイントでつながるので、角度調整範囲も広い。スマホを保持する対角のアームはスプリングでテンションが掛かっているので、これを広げつつスマホをセットする。

 従来品より防振性能を向上させたエフロック「TKプロテクトZホルダー(税込4950円)」は対角にあるアームでスマホの角を包むように保持する。

 アームは動かないようにロックできるので、脱落不安はかなり少ない。このマウントに組み合わせるのがベースクランプのHAWK1(税込6050円)である。

 パイプ状のものなら10~32mm。板状なら6~32mmの範囲なら顎で咥えて固定できるので、装着可能な場所は幅広い。

銅色に輝く部分に磁力反発による防振ユニットが組み込まれている。従来品よりも高い防振性能で、最新スマートフォンのカメラの故障を防ぐことができる。4.7~6.7インチのスマホに対応する。
クランプ部分のHAWK1は、ハンドルバーやミラーステーなど円筒形の部分だけでなく、板状の部分にも取り付けることができる。盗難防止のため特殊ナットで締め付ける。工具は付属する。

ちょっと変わり種な
スマホマウントを兼ねた
おもしろアイテム

TOURATECH WunderLINQ

ツアラテックジャパン 問:www.touratechjapan.com

 スマートフォンとバイクをつなげ、さらに純正ハンドルに装備されているマルチコントローラーでスマートフォンを操作できる画期的アイテム。

 オプション販売のマグネティックマウントを装着すると、純正ナビホルダーにワンダーリンクとスマートフォンをセットで装着できるちょっと変わったアイテムだ。

ワンダーリンク(iPhone専用)
3万1900円(税込)
BMW純正ナビステーにワンタッチで装着でき、スマートフォンにメーター表示のほか純正マルチコントローラーでスマートフォンアプリの音楽や地図、電話の操作や制御ができる、車両とスマホを融合するユニット。
ワンダーリンク
マグネティックマウント
4400円(税込)
スマートフォン本体、もしくは任意のケースにマグネットマウントを装着することで、ワンダーリンクに直接スマートフォンを装着。

SNSでフォローする