OTHER CONTENTS

その他

“Spirit of Passion” by Kingston Custom. ②

Text / Nobuki Sakurai
Photo / BMW Motorrad

BMW Motorrad presents
new R18 custom bike.

BMW Motorradが
Kingston Customによる
R18のカスタムバイク
“Spirit of Passion”
を発表!

リアのフルカバードされたフェンダーはテールランプも一体化。左側のホイールはほぼ見えずディスクローターのみが回る。



 後部に目を移すとリアタイヤをフルカバードするフェンダーが目を引く。またハンドルバーとエキゾーストも形状がモディファイされ、ウインカー類も変更されている。

 このルックスから全体的にフルカスタムされたようにも見えるが、エンジン、ホイール、サスペンション、燃料タンクはオリジナルのままだ。

真横から見るとエンジンやフューエルタンク、フレーム、シャフトドライブなどはオリジナルのままなのがよくわかる。



 このマシンを手掛けたのはドイツのカスタムビルダーであるディルク・オーラーキング氏率いるKingston Customだ。このチームは過去にも「ファントム・グッド・ゴースト」シリーズを発表し、その名を世界にとどろかせ、カスタムシーンにおいて不動の地位を確立したトップビルダーである。

 このスピリット・オブ・パッションは前作のR100RSをベースにした「グッド・ゴースト」に似たコンセプトのカバードカウルを、最新のR18をベースに作製したものだ。

 グッドゴーストは車体のすべてをカバードし、ライダーはそのカウルの上から跨るのが特徴的だったが、このモデルはオリジナルのフレーム、シートが露出しているので、さらに実用的な乗車が可能と予想できる。

「“Spirit of Passion” by Kingston Custom. ③」へ続く