EVENT

イベント

GS Camp Meeting 2019 in 福島

BMWBIKES vol.87 掲載記事

2019.6.1 sat ~ 6.2 sun
主催:首都圏ディーラー
開催場所:エンゼルフォレスト那須白河
Text & Photo / BMWBIKES編集部
Photo / Koichi Otani

首都圏ディーラー主催

GS camp Meeting
2019 in 福島

林道からゲレンデまで
GSで福島の自然を満喫

 毎年恒例のGSキャンプミーティングが今年も福島羽鳥湖周辺で行なわれた。このイベントはキャンプリゾートのエンゼルフォレストを起点とし、羽鳥湖スキー場でのゲレンデクルーズや初心者向けスクール、絶景ポイントに行けるコマ図ツーリング、そして夜はトークショーやバー、温泉、キャンプを楽しめるというもの。

 スクールの講師はBMW公認インストラクターの鈴木大五郎氏が担当。また斜度の急なゲレンデをGSで思いっきり駆け上がれるなど、このイベントならではの魅力も多い。

 本誌では数年前からこのイベントに独自の企画「冒険の旅・アテンドツアー」と銘打ってコンテンツの一つを提供している。

 本誌不定期連載である冒険の旅の参加メンバーが、読者をサポートしながらツーリングをするというもので、先導をジャーナリストの松井勉氏が担当し、途中の展望の開けた林道ではプロカメラマン大谷耕一氏が、誌面さながらの写真を撮影するなど、非常にプレミア感にあふれた企画だ。

冒険の旅アテンドツアーに参加していただいた皆さんと記念撮影。ここは伐採された山の斜面から会津の山々が見渡せる絶景地。
エンゼルフォレストではテント泊のほかコテージでの宿泊も可能。管理棟には温泉大浴場もあるので、オフロードでかいた汗もさっぱり。

林道ツアー、コマ図
スクールゲレンデクルーズ
多彩なプログラムと

楽しいキャンプの夜

GSキャンプミーティングは首都圏ディーラーが主催。今年は天気も良く、ディーラー単位で数多くの多くのGS乗りが集まった。

本誌でもおなじみ鈴木大五郎氏のスクールでは、スキー場のフラットダートの駐車場を使い、スラロームや急加速、急減速などを教習。タイヤと路面の滑り具合を体験することで、オフロードライディングのスキルを上げた。

トークショーで盛り上がった夕食の後はキャンプタイム。キャンプ場の奥にはバーカウンターが設置された。羽鳥湖は標高が高いので、夜の気温は15度ほどで肌寒い。焚火と温かいアルコールが染みる。