IMPRESSION

インプレッション

NEW&LONG TIRE IMPRESSION #2

BMWBIKES vol.89 掲載記事

Text / BMWBIKES編集部
Photo / Koichi Otani
www.michelin.co.jp/motorbike/home-motorbike

MICHELIN
POWER5

ニュートレッドが驚愕の
ウエットグリップを発揮!

ミシュランからパワーエクスペリエンス
という4種類のスポーツタイヤが登場。
その中の公道向けパワー5をテスト!

雨天が楽しくなるような
驚愕のウエット性能

アドベンチャーからサーキットモデルまで幅広いラインナップを誇るミシュラン。2020年からはスポーツライディング向けに4種類の「パワーシリーズ」が加わった。今回はその中で公道向けスポーツタイヤのパワー5をR1250RSに装着して走ってみた。

 基本構造はミシュランが得意とするフロントに2CT/リアに2CT+を採用。注目はショルダー部。これまでにないパターンに加え、スクエア状の浅溝パターンが続き、ショルダーの端にはゴルフボールデザインと呼ばれるエンボス加工が施されている。

 テストコースでは高速周回、高速スラローム、中速コーナーの切り返しなどの路面を走ってみたが、どの場面でもグリップ感は上々。安心してバイクをリーンしていくことができる。中でも一番の驚きはウエット路面でのブレーキング性能だ。時速50kmで走行し、濡れた路面でブレーキをしっかりと握りこんでいくと、ABSが作動する前にバイクが停まってしまうのだ。同時にウエット路面でのスラロームでも滑らず、安心してパイロンを抜けることができた。

MICHELIN
POWER5

パワーエクスペリエンスシリーズで公道向けスポーツタイヤのパワー5は、フロントタイヤセンターにシリカ68%、左右ショルダーにブラックカーボンを16%ずつ配置。リアは全面にシリカを採用。
POWER GP

ストリートとサーキットの両方を楽しむために開発された贅沢なモデル。最高のパフォーマンスを発揮するコンパウンドを配置。比率はロード50%:サーキット50%。
POWER CUP2

走行会からレースまで、サーキットで優れたパフォーマンスを発揮するために最適なトレッドパターンとコンパウンドを配置。公道走行可。比率はロード10%:サーキット90%。
POWER SLICK2

サーキットで妥協しないスリックタイヤ。フロント2CT /リア2CT+構造で、優れたドライグリップを実現。全面にブラックカーボンを採用した本気仕様。公道走行不可。
かなり濡れた路面でのスラロームは、リーンしすぎるとフロントから滑り出しそうで怖いが、回数を重ねるうちにドライ路面で走っているのと変わらないような不思議な感覚を体感した。これは新しいトレッドパターンのサイドウォールがしっかりと機能しているからにほかならない。
新しいトレッドパターンは、深い溝に加え、スクエア状の浅い溝が彫られているのが特徴。一目瞭然だ。
サイドウォールはニューベルベットテクノロジーによりブランドやパターンの視認性が向上。肌触りも上質。

峠道から高速、冬季、雨でも
快適な走りを実現した次世代モデル

高速周回や高速スラローム、中低速での連続的なコーナリングでのグリップ感は文句のつけどころがない。グリップがいい分、耐摩耗性が気になるところ。
圧巻だったのがウエット路面でのブレーキングテスト。ABSが効くものとばっかり思って握りこんでいくが、その前に停止してしまうのである。これは驚愕。

性能比較レーダーチャート図

※このチャートは、弊誌が実走テストを元に判断し、作成したものです。

FRONT
120/70 ZR17(58W)

REAR
160/60 ZR17(69W)
180/55 ZR17(73W)
190/50 ZR17(73W)
190/55 ZR17(75W)
200/55 ZR17(78W)

※BMWBIKES vol.86 掲載時

「NEW&LONG TIRE IMPRESSION #3」
に続きます。