OTHER CONTENTS

その他

ダッツ浜松にフォトスポット登場!

BMWBIKES vol.97 掲載記事

Text & Photo / Toyoshi Miyashita

ミヤシのモトラッド営業探訪日記
&気になるバイクを乗り倒す

ついに手に入れたBMW Motorrad
これから蜜月を共に作り上げていく相棒です。
納車と共に綺麗な写真を撮るには
ロケーションが重要です。

しかし背景が綺麗で落ち着いて撮れる
スポットはなかなかありません。

ダッツ浜松はそんなライダーの要望に応え
お店の一角に撮影スポットを作った
と聞いたのでR18での旅の途中で
伺ってきました。

ユーザーが集まる新スポット
愛車の記念撮影にバッチリ!

 カスタム企画用で拝借したR18で東京から名古屋へ。せっかくなのでその道中にあるダッツ浜松店に立ち寄ったところ、駐車場に集まるライダーたちを目撃。

 聞くと、同店がユーザーの愛車撮影用に作ったフォトスポットで撮影していたとのこと。壁には現行ラインナップの写真がレンガ調の装飾で縁取られ、石畳風に仕上げられた路面と相まって素敵なロケーションとなっています。

 この日、富士宮市からお店に遊びに来ていた渡井美春さんは愛車のR1200Rにまたがった姿を宮﨑カメラマン(店長)が撮影。

 一方、近くでみかん農園を営む戸倉彰久さんも仕事の合間に登場。R1250GSの写真の前に愛車F800GSAを並べ自分のスマートフォンで拘りの一枚を撮るため、バイクの位置を調整するなど色々な構図を試していました。

 このスポットは昨年の秋にできたばかり。どんな方でも立ち寄って気軽に撮影してもOK、とのこと。周辺の浜名湖をツーリングするなら少し寄り道して愛車との記念撮影をしみてはいかがでしょう?

F800GS-Aにまたがる戸倉彰久さん。このバイクに乗りたくて免許を取得。今では練習会や林道などでオフロードを楽しむアドベンチャーライダー。ポーズを決めて激写させていただきました。
整備工場の壁面に、温かみのあるレンガ状の壁が出現。そこに現行ラインナップの車両がずらりと並んだ写真が貼られています。さらに地面は欧州の公園を思わせる石畳調となっていて、写真映え間違いなし。せっかくなので紙面企画用のR18で記念撮影してきました。

ダッツ浜松の店内は明るく広々としている。この日もお客様との商談が進んでいるなど、平日にもかかわらずひっきりなしに来店があるほどの人気店。
イケメン営業マンの冨田さん。最近気になるマシンはこのR1250RT。前の車の速度に自動で合わせてくれるACC機能を宮崎店長も絶賛。
二階には歴史がある同店だけに最新モデルの認定中古車だけではなく昔のモデルの姿もありました。一角に静岡県のパーツメーカー「デイトナ」が販売するガレージを展示。

□DEALER DATA

株式会社ダッツ 浜松店

営業時間:10時~19時
定休日:水、木曜(水曜は不定休)
〒431-1103
静岡県浜松市西区湖東町3377-1
☎︎053-486-1200
www.datz-bmw.jp

宮﨑敦店長は90年代に世界グランプリを走っていたプロライダー。鈴鹿サーキットでのサーキットエクスペリエンス(走行会)では先導走行も勤めます。豊富な経験と知識をもとに頼れる兄貴分としてお客さんをサポートし、イケメン営業マンの冨田君と一緒に店を盛り上げています。ピットは運輸局指定工場で驚くほど広大な駐車場を完備。10年ほど前にヒミツ集会を開催させていただいたのを思い出しました。

SNSでフォローする