OTHER CONTENTS

その他

BMWBIKES TIRE INFORMATION #4

BMWBIKES vol.93 掲載記事

Text / NobukiSakurai
Photo / MICHELIN JAPAN

MICHELIN
POWER 5

スポーティかつ
驚愕のウエット性能!

かつて経験したこと
のないウエット性能

 昨年春に登場し、BMWのロードスポーツモデルにジャストマッチと話題のミシュラン・パワー5。このタイヤの一番の魅力は、ツーリング性能とスポーツ性能を高い次元で両立していること。高速道路ではタイヤの軽さとしなりでライダーの疲労を軽減し、訪れた先のワインディングでは、タイヤの性能に寄与したグリップ感で、しっかりとスポーティーな走りが楽しめるということだ。

 しかし、このタイヤの魅力はそれだけではない。上の写真はクローズされたテストコースで、R1250RSにパワー5を装着しての試走だったが、とにかくそのウエット性能の高さに驚かされた。

 テストした内容は、加速区間で50~60㎞/hまで加速し、パイロンを通過後急制動で一気に減速するというもの。正直、最初の2、3回は躊躇してブレーキングに甘さが出てしまい停止距離は長めだった。しかし3回、4回と続けていくうちに「ABSを効かせてやろう」という意識が生まれ、かなりのハードブレーキングを試みた。

 がしかし、なんと1度もABSは作動することなく、それでいてバイクは安定して指定された距離内で止まったのだ。ビショビショに濡れた路面でのスラロームも同様。40㎞/hほどで、左右に車体を傾けていってもタイヤが破綻すような感じが一切ない。

 もちろん雨天時のツーリングでは、マージンを取ったうえで走行しなくてはいけないが、それでもこのウエット時の絶大なるグリップ感は、ライダーに大きな安心感を生み、かなりのアドバンテージとなってくれるだろう。

MICHELIN POWER 5
FRONT
フロントは2CT構造。センターにシリカ68%、ショルダーにブラックカーボンを16%ずつ配置。アラミド繊維(青)とポリエステル(橙・黄)の3枚積層により高強度を実現。
REAR
リアの構造は2CT+。さらにリアのコンパウンドは全面にシリカを採用している。また軽量で強度の高いアラミド(青)とポリエステル(緑)の積層で強度と軽さを両立。

雨天走行でこんなに
安心感を覚えたことは
初めてだ

こちらはかなり濡れた路面でのスラローム。速度は40km/hほど。右に左にと車体を倒していくが、フロントが滑るような気配は微塵も感じない。

これだけウエットで滑りにくいのだから、ドライ路面のグリップ具合は当然かなりのもの。またスタート時にタイヤの軽さというか、出足のスムーズさも体感できた。

こんなライダーに
うってつけ!!

◎高速道路を経由して郊外の峠を
 スポーティーに満喫したい

◎不意の雨天走行でも安心して走りたい

◎どこでも軽快な走りを堪能したい

パワー5の注目点はこのショルダー部。これまでにないパターンに加え、スクエア状の浅溝パターンにより、一目でパワー5を認識できる。さらにショルダーの端にはゴルフボールデザインと呼ばれるディンプル加工が施されている。サイドウォールもベルベッドのような独自の手触り。

性能比較レーダーチャート図

※このチャートは
弊誌が実走テストを元に判断し
作成したものです。

FRONT
120/70 ZR17 (58W)

REAR

160/60 ZR17 (69W)
180/55 ZR17 (73W)
190/50 ZR17 (73W)
190/55 ZR17 (75W)
200/55 ZR17 (78W)