IMPRESSION

インプレッション

BBTT TONEビットラチェットセット

BMWBIKES vol.89 掲載記事

テスター:BMWBIKES編集部
テスト期間:1日
問い合わせ:TONE
TEL:0721-56-1850
www.tonetool.co.jp
※この製品はamazon専売品です

TONE
ビットラチェットセット
BRS20C
(amazon専売品)

TONEビットラチェットセット
BRS20C(amazon専売品)
◎セット内容:ビットラチェットBR
ビットホルダーRDBH-065
ドライバービットプラスBT-P1/P2/P3(各2個)
ドライバービットマイナスBT-M5.5/M6/M8
ヘキサゴンビットBT-H4/H5/H6/H8
T型トルクスビット(いじり防止タイプ)
BT-T15H/T20H/T25H/T27H/T30H/T40H
ビットアダプターBTA2
(差込角1/4″ 6.35mmソケット用)
◎価格:3960円(税込)

アイテムを絞りコンパクト化を実現
品質と実用性の高さは折り紙付き

 普段から整備を行なっていれば不測のトラブルに見舞われることは少ないが、丸腰でバイクに乗るのはちょっと不安。そんなBMWオーナーにちょうどいいのが、総合工具メーカーTONEのビットツールセット。

 通販サイトアマゾンのホームページ内だけで購入できるBRS20Cは、60ギアのラチェットハンドルと20個のビット、ビットホルダーを専用ケースに収めた、超小型セット工具。あれもこれもと欲張らず、アイテムを割り切った潔さが特長だ。

 最近のバイクは収納スペースの縮小傾向が顕著だが、90×46×23㎜のスケルトンケースはほんの僅かな隙間にも収まるし、ライディングジャケットのポケットに入れておいても邪魔にならない。

 小さくても使い勝手が悪ければ論外だが、さすがに老舗工具メーカーの製品。手のひらに収まるラチェットギアやビットは出先での応急措置だけでなく、日常的なメンテナンス用としてもクオリティは必要充分。

 BMWオーナーにとっては、外装パーツの着脱作業で必要なトルクスビットが含まれているのも重宝するポイントだ。セット工具の入り口としても、所有しているハンドツールの追加用としても魅力的なアイテムである。

ビットラチェット(下)はヘッド幅18mmのスリムな中に60ギアを収納、本締め可能な強度もある。全長は88mmで狭い場所でも使い勝手は良好。
奥深い場所にも届くよう、65mmのビットエクステンションが付属する。ビットホルダー部は作業中の脱落を防止しつつビット交換時には容易に着脱できるマグネット仕様。
最近のBMW各モデルは外装部品の多くをトルクスビスで固定しているため、このビットセットの使い勝手の良さが際立つ。
ビットエクステンションを使うか否かは、ボルトの取り付け位置に応じて判断しよう。差込角1/4インチのソケット用ビットも入っているので、六角ソケットも回せる。
最新モデルのR1250Rで、右サイドカバー内のバッテリーターミナルはプラスビット(P3サイズ)を使う。ただし、カバー自体を外すにはトルクスビットが必要。
シート下の僅かな空間に収納できるコンパクトさが魅力。

ココがスゴイ

・ビットの小ささを最大限に活用し
 携行性にこだわったミニマルなセット入り組み

・高いコスパで手に入るTONEブランド

・BMWオーナー必須のトルクスビットが充実

ココがイマイチ

・BMWオーナーに限定すれば
ドライバービットのプラス3サイズ各2個は不要