OTHER CONTENTS

その他

BMWBIKES的カスタムマシン考察

BMWBIKES vol.87 掲載記事

Text & Photo / Toyoshi Miyashita
問い合わせ:アクティブ
TEL:0561-72-7011
www.acv.co.jp/swmotech

BMWBIKES的
カスタムマシン考察

昨今、人気の高いGSシリーズ。
アドベンチャー的な性能もさることながら
積載能力も素晴らしい。
今回はそのさらに特化した
カスタムをご紹介しよう。

積載能力を最大限に引き出すアイテム

SW-MOTECHスペシャル

ハードケースだけで120ℓ
ソフトバッグで積載力アップ

 SW-MOTECHはドイツに本社を構える、バイク用アクセサリーを多数製造販売するメーカーだ。様々な車両メーカーと協力関係があり、純正オプションの一部をOEM対応している。

 BMWユーザーに人気が高いのはパニアやトップなどのハードケース。屈強で機能美あふれるエンジンガードなどバンパーのたぐい。このR1200GSラリーはパーツ輸入販売元であるアクティブがセレクトし制作した車両。

 さてこのカスタム車に装着されているのは積載性を向上するためのハードケース(トップ・左右パニアケース)さらに、タンデムシートの上には防水のドライバッグ、パニアの蓋の上にエクスパンションバッグ。極め付けは大容量のタンクバッグが装着されている。

 ハードケースだけで120ℓ。ワンタッチで取り外し可能なドライバッグが18+35ℓ。エクスパンションバッグも防水で15ℓ。GS用のタンクバッグは16から22ℓへの可変式。全て加算すると最大で210ℓと驚異的な積載量を誇る。

 もちろんフル積載するとメーカーが定めている最大積載量をオーバーしてしまうのでNG。とは言え、いっぱい積まなくてもこれだけの容量があれば1週間どころか1ヵ月のロングツーリングだって対応できる。キャンプでなければハードケースセットだけでも充分だ。

 一方、積載系以外のパーツも装着されている。クラッシュバーやラジエターガード、前後アクスルスライダー、ハンドガードでプロテクション効果アップ。

 ステップやブレーキペダルで操作性の向上が図られている。パニアセットに目を惹かれがちだが、外装はオリジナルカラーに塗装されている。

右パニアはマフラー分薄くなっている。左パニア上部にエクスパンションバッグ。
パニアフレームは独特な形状でカスタム感がある。
EVOタンクバッグGS。容量可変式。
EVOフットレストキットとギアレバー。
ラジエターガードは左右に装着しコアを守る。