EVENT

イベント

僕らで勝手にモトラッドデイズ2020

BMWBIKES vol.92 掲載記事

2020.9.5 sat 〜 9.6 sun
開催場所:長野県長野県北安曇郡白馬村
Text & Photo / Kenji Natsume

僕らで勝手に

モトラッドデイズ2020

年に一度、BMW好きが集う「モトラッドデイズ」。
2020年は残念ながら中止となってしまった。
この時期に白馬村にいないと落ち着かない
というライダーも多かったのでは?
実際イベントがなくても行くぜ、という話を耳にしたので
編集部も現地に向かってみた。

モトラッド豊田の一行は土曜の朝に愛知県を出発、昼過ぎに白馬のペンションに到着。チェックイン後、白馬47へ。
白馬周辺のショートツーリングや白馬47の散策、ペンションでのBBQなど、盛りだくさんのツーリングだった。

イベントはないけれど
聖地白馬はそこにある

世界中を混乱に陥れた新型コロナウィルスは、各地のモーターサイクルイベントを情け容赦なく中止に追い込んだ。毎年多くのBMWオーナーを集めているモトラッドデイズも、感染状況の悪化を受けて中止を決定した。

 だが夏が近づくにつれて、ウィルスの感染状況には落ち着きが見られるようになった。それと同時に経済活動やレジャーなどの状況にも徐々に改善が見られるようになり、各地には以前ほどではないものの、BMWの姿がちらほらと見られるようになった。ディーラー単位でのツーリングも徐々に再開されるようになったが、愛知県豊田市のBMWモトラッド豊田は、この状況を受けてディーラーツーリングの行き先をモトラッドデイズが開催されるBMW乗りの聖地、長野県白馬村に決定。その日程は、まさにモトラッドデイズが行なわれる予定だった 9月5、6日の一泊二日で毎年泊まっている宿を選択した。その情報をキャッチした編集部はBMWモトラッド豊田の一行を、会場の予定地のHakuba47スキー場で待ち伏せた。同時に〝モトラッドデイズロス”で会場を訪れたBMWオーナーにも声をかけることにした。ここではBMWモトラッド豊田の白馬ツーリングの模様を紹介しつつ、この2日間に白馬村に現れたBMWオーナーらのBMWライフと〝モトラッドデイズ愛”を大いに語ってもらった。

麻生 誠さん
BMW R1250GS

「このGSは自分にとっては初のBMWです。このツーリングを企画してくれたモトラッド豊田さんには感謝ですね。来年モトラッドデイズが開催されれば絶対に来ます」

北折英嗣さん
BMW R1250GS HP

「モトラッドデイズは今年が初参加の予定でしたが、中止になって残念です。私はリターンライダーですが、このバイクはおじさんの私でも乗りやすいですね」

田渕幸久さん
BMW R1200GS

「モトラッドデイズには2017年から参加しています。最近はあまりこのバイクに乗っていませんでしたが、今回久しぶりに乗ってみて、やはり楽しかったですね」

澤 和馬さん
BMW S1000R

「ずっと国産車に乗っていましたが、以前からBMWに興味があって昨年購入しました。モトラッドデイズは昨年も参加しましたが、イベントが無くても白馬は楽しいです」

モトラッド豊田

ブルーのTシャツをまとってイベントに参加するモトラッド豊田さん。ツーリングイベントからオフロード走行、S1000RRでの鈴鹿8耐参戦など、様々なカテゴリーでの遊びを追求し、お客さんを楽しませているお店だ。

愛知県豊田市永覚町下長38
☎︎0565-21-8555
www.bmw-motorrad.jp/motorrad-toyota

BMWモトラッド豊田の一行は愛知県を朝出発。その日の昼過ぎにはペンションに到着し、その後は自由時間となった。参加メンバーの中には近隣をツーリングする人も。夕方からはペンションの前でBBQタイム。参加者は「ちいさなデイズ」を存分に楽しんだ。

駐車場に迷い込んだ全国のライダーたち
北は秋田、西は神戸から!

いつもとは違う白馬で
来年の再会を誓った

 本誌取材班はHakuba47駐車場でBMWモトラッド豊田のオーナーらの取材を開始。一行は食事を楽しんだり、会場内を散歩したりと、それぞれが白馬の雰囲気をしっかりと満喫していたが、BMWで埋め尽くされた会場に見慣れた一行にとって、この日の静かな雰囲気はむしろ新鮮に映ったようだ。その間駐車場には続々とBMWが到着してきた。どうやら本誌が白馬で取材しているということをSNSなどを通じて聞きつけたオーナーらが「それならちょっと顔を出してみるか」と、全国各地から白馬村まで駆けつけてきてくれたようだ。なかにはかなりの遠方から来たという人もいたが、近所に買い物に行くような気軽さで白馬まで駆けつけられるのも、BMWの機動性や快適さが成せる技。そしてなによりも、皆さんこの時期に家にじっとしていることが耐えられなかったんだろうと思う。
 来年の開催についての正式なアナウンスは今のところ聞こえてこないものの、BMW乗りにとって、やはりこのイベントは欠かせない。今はただパンデミックの一日も早い収束を願うばかりである。

鈴木康司さん BMW R1200GS Adventure
山井雅史さん BMW R1200RS
源田 稔さん MAZDA RX-8

2020年のモトラッドデイズに合わせてお休みを取っていたというR1200GSの鈴木さん。残念ながらデイズは中止となってしまったが、それでも白馬には来るつもりでいたという。この3人は山井さんの奥様を通して知り合ったとのこと。山井さんのR1200RSも、じつは奥様のバイクだそう。

斉藤公二さん
BMW K1600GTL エクスクルーシブ

「モトラッドデイズには毎年来ています。仲間らも白馬に来ていて、ホテルで集合する予定です。やはり白馬の様子が気になりました」

飯高裕之さん
BMW R1200RS

「このRSは今年の2月に購入して、これで北海道にも行きました。モトラッドデイズには何度か参加していますが、ずっと国産で参加していたんですよね」

武部国政さん
BMW R1200GS

2014年のGSトロフィー日本代表の武部さんは、なんとトロフィーを走ったGSで白馬まで駆けつけてくれた。「久々にこのバイクを走らせました」

湯井靖夫さん
BMW R1250GS Adventure

「もし今年開催されていれば、5回目のモトラッドデイズになるはずでした。BMW仲間との出逢いやBBQなど、デイズの楽しさは数え上げたらキリがありません。白馬で出会った仲間も多いです」

萱野真幸さん
BMW R1200GS Adventure

「今回は静岡の別のイベントに参加してからこちらに来ました。もちろんモトラッドデイズには毎年参加していますよ。今回は来る途中で道を間違えてしまい、到着が遅くなりました」

林 和広さん  BMW R1200GS
林 千鶴子さん BMW RnineT Pure

「モトラッドデイズは2016年に初参加して以来、毎年楽しみにしているイベントです。今年は新型コロナウィルスの影響であまりバイクを動かせていませんでしたが、幸い、感染状況も落ち着いてきたので、バイクに乗って出かけるなら今しかないと思い、白馬までやって来ました」

Ross McCainさん
BMW K1600

地元、白馬五竜でBMWライフを満喫するRossさん。モトラッドデイズにも毎回参加しているので、ご存じの人も多いのでは? 「次はR18に乗りたいです」

宮村 肇さん
BMW R1200GS

「2015年以来、モトラッドデイズには毎年参加しています。開催されないとなるとやはり寂しくて、仲間と白馬で写真を撮ろうということになり、やって来ました」

五島忠幸さん
BMW R1250GS

「モトラッドデイズは2012年からずっと参加し続けていて、今年も休みを取っていたんですけどね。残念ながら開催されませんでしたが、白馬には行こうと皆で話し合っていました。昨日白馬に来て、皆で同じ宿に泊まりました。でも予報では天候が不安定だったので、クルマで参加した仲間が多いです。来年は是非開催してもらいたいですね」

福嶋 薫さん
BMW R1200GS

「そばを食べるつもりで横浜から山梨に向かっていましたが、やる気スイッチが入って白馬まで来てしまいました。この後は周辺を少し走って帰宅するつもりです」

岩井恒樹さん
岩井亜里菜さん Volvo

「モトラッドデイズには毎回参加しているので、今年は中止になってしまい、とても寂しい気持ちでいました。今回、白馬に来たのも、なんとなく足がこっちに向かったから。他に何の目的もありません」

秋山 誠さん BMW R1200RT
秋山鈴香さん BMW F800GT

「イベントは中止になりましたが、白馬には誰かがきっといるハズだと思っていました。デイズには2012年から参加しています。『また来年』という合言葉通り、ぜひ来年は開催してほしいですね」

来年こそは開催できますように。
BMWモトラッドを愛する者すべての願いです。