OTHER CONTENTS

その他

R 1250 GS & R 1250 GS ADVENTURE

BMWBIKES vol.92 掲載記事

Text / BMWBIKES編集部
Photo / BMW Motorrad

生誕40周年記念モデルがついに登場!!

待ちに待ったRシリーズの40周年記念モデルがついに現地で発表。Fに続き往年のカラーを採用した「黒/黄」の渋いカラーリングだ。

BMWBIKES NEWMODEL
INFORMATION


40周年記念は黒黄ベース
ラリースタイルも登場!

 

 今年、2020年は初期型「R80G/S」が生まれてから40周年という記念すべき年。8月には先にFシリーズが発表され、Rシリーズの登場を喉から手が出るほど待ち望んでいたユーザーも多いはず。そして10月初旬、ついにRシリーズのアニバーサリーモデルが発表された。

 その姿は事前に発表されたFと同様、往年の「黒/黄」を基調としたカラーリングが特徴で、STD、アドベンチャー共に「1250」の文字が縦に入るあたりは、当時のモデルを知っているライダーはニヤリとするところ。またラリーシートにアドベンチャーのキャリアを合わせ、STDは黄色のショートスクリーンを採用したり、ヘッドカバーのガードも黄色のスペシャルパーツが装着されるなど、にくい演出が目立つ。

 また白、赤、青のスポーツカラーをまとった「ラリースタイル」もSTD、アドベンチャーともにラインナップ。日本への導入時に、どこまでこれらの装備が実装されるかは未定だが、とにかく楽しみである。国内導入は年末から来年の年始あたりと予想する。

このモデルで一段と目を引くのがヘッドカバーのガード。こういった特別装備が日本モデルでも標準装備されるかどうかはまだ不明。
これまでのR1250GSはシルバーかブラックのハンドルだったが、40周年モデルはどうやらゴールドを採用。ホイールと同色でかっこいい。
燃料タンクカバーに縦に入った1250の文字は、1987年の初期型R100GSへのオマージュと容易に想像ができる。
短めのラリーシートにアドベンチャーのキャリアを合わせることで、リア周りが非常に軽快な印象。よりスポーティなイメージだ。

R1250GS

今回発表されたスタンダードモデルのR1250GSは3機種。伝統的な黒黄の「40thアニバーサリーモデル」、白、青、赤のスポーツカラーをまとった「ラリースタイル」、ノーマルのライトホワイトとなる。40thとラリーはラリーシートにアドベンチャー用のキャリアとショートスクリーンが装着され、よりスポーティな印象。また40thは金スポークホイール、ラリーは黒スポークホイールを採用。STDはキャストで、それ以外のパーツなどは従来と同様のようだ。

40thアニバーサリーモデル
ラリースタイル
ライトホワイト

R1250GS ADVENTURE

アドベンチャーは4機種が発表された。40thアニバーサリーモデルはSTDと同様に黒黄のグラフィックに金スポークホイール。同じくラリースタイルは、白、青、赤のスポーツカラーに黒スポークホイールを採用。アイスグレーは従来からの継続で、新しくトリプルブラックも追加される模様だ。このアドベンチャーにしろSTDにしろ今回の発表は欧州モデルとして、なので、日本に導入された場合は仕様の変更点なども出てくるだろう。

40thアニバーサリーモデル
ラリースタイル
トリプルブラック
アイスグレー