IMPRESSION

インプレッション

BBTT ガレージレボ STDショートタイプ

BMWBIKES vol.91 掲載記事

テスター:BMWBIKES編集部
テスト期間:1日
問い合わせ:Garage-Revo
TEL:0120-160-710
garage-revo.com

ガレージレボ
STDショートタイプ

ガレージレボ STDショートタイプ
◎3万5445円(税抜)
適合車両
◎アクスルシャフトが中空
またはスタンドフック装着車両

軽く持ち上がり安定感抜群
ガレージで便利な移動式スタンド

 

 チェーンやブレーキのメンテや洗車でも重宝するメンテナンススタンド。センタースタンドのないバイクにとって必需品といっても過言ではないが、持ち上げた後でバイクのポジションを調整するのが面倒。そんな常識を覆したのが「ガレージレボ」である。

 一般的なメンテナンススタンドの外側に自在キャスター付きサイドフレームを備えた構造で、バイクを持ち上げたまま360度自由に移動できる。既存のスタンドでも前後方向の移動は可能だが、ガレージレボは左右から押しても動くのが最大の特徴。

 6個の自在キャスターによる安定感は抜群で、スタンドとバイクのハンドル操作の組み合わせで狭いスペースで180度転回できるようになり、メンテナンスやガレージ保管時に重宝する。またサイドフレームの4輪はバイクを持ち上げる際に常に接地しているため、メンテスタンドの扱いに不慣れなユーザーも不安感なく使えるのも魅力。

 床面が波打った場所やキャスターがスムーズに回転できないアスファルトなど、環境によって使えない場合もある。だがそんな制約が些細なものと思えるほど、押し歩きできるスタンドは画期的だ。

一般的なメンテスタンドに比べて、サイドフレームの4輪キャスターにより接地面の幅が広くスタンドを持ち上げる際にバイクが傾きづらい。
バイクのテールカウルを横から押せることでメンテスタンドの固定観念を一新。逆に、押し歩きを前提としたため、安定性に不安のあるスイングアーム下アタッチメントは設定されない。スタンドを掛けてロックピンをセットすれば外れないので押し歩いても安全。
フックの高さは6段階に調整できる。スタンドの上げ下ろしを軽くするには、タイヤを浮かす高さをなるべく低くするのがコツ。

スイングアームにスタンドフックが付く車両はC型フック、アクスルシャフトが中空なら貫通シャフトが使える。

シャフトドライブモデル向けには、ファイナルドライブの中空穴に合わせた樹脂貫通シャフトを用いた製品もある(税別6万908円)。

ココがスゴイ

・スタンドを掛けたまま軽い力で
 前後左右に移動できる

・バイクを持ち上げる際も
 安定して使い勝手が良い

・C型フックと貫通シャフトを
 標準装備している

ココがイマイチ

・地面に凸凹がある場所では
 本領を発揮できない

・スイングアーム下から支える
 アタッチメントの設定がない