IMPRESSION

インプレッション

BBTT ショートスクリーン

BMWBIKES vol.90 掲載記事

テスター:BMWBIKES編集部
テスト期間:日帰り林道ツーリングにて
問い合わせ:FEED SPORTS JAPAN
TEL:059-367-7061
fsj.buyshop.jp

ショートスクリーン

ショートスクリーン
◎適合車両
R1250GS(18-)
R1200GS(13-)
R1250GS-AD(18-)
R1200GS-AD(14-)
◎サイズ:縦横約30cm
◎価格:1万6500円(税込)

GSオフローダーの必須アイテム
見た目すっきり、夏場も涼しい!

 かつて某世界的オフロードインストラクターにスクールを受けた際、執拗に言われたのが「とにかくオフライディングはフロント荷重を念頭に!」ということだった。それはスタンディングの状態から、自分が思っている以上に上半身を前に置くポジションで、ヘルメットの位置はハンドルよりも前だ。となるとノーマルスクリーンのGSだと、オフメットのアゴがガコガコ当たって危険極まりなかった。だから、よりオフ走行を楽しむならこういったショートスクリーンが必要不可欠となる。
 
 このショートスクリーンは、ノーマルより7cmも短くできるスクリーンだ。質感は高く、今回はスモークを選んだが透明感もナチュラル。装着は簡単で、スクリーン上下調節用のステーボルトを外し、本体を留める4本のボルトを付け替えるだけ。ゴムブッシュもボルトもノーマルがそのまま使えるのがいい。

 装着して思ったのが非常に視界が広くなったこと。またそこそこ風を感じるので夏場は涼しいだろう。もちろんオフロード走行時の前傾姿勢をとっても、ヘルメットとまったく干渉しなかったから、今後はGSで思いっきりダート走行が楽しめると確信した。

ショートスクリーンとノーマルスクリーンをhighに上げた状態。ショートスクリーンでもhighにすると、けっこう防風効果は高くなるから、身長が168cmの筆者はこれで充分な効果が得られた。ロングや冬場以外はショートスクリーンのほうが使いやすい。

ゴムブッシュやボルトはノーマルをそのまま使えるのがいい。
まずは調整用のボルトを外すとスクリーンが外せる。素人でも簡単に交換が可能だ。
左がスモークのショートショートスクリーンで、右がクリアのノーマル。ショートスモークでは顔つきが精悍な印象になる。

ココがスゴイ

・取り付けが簡単
・短くても適度な防風性
・視界が大きく広がる
・夏は涼しい

ココがイマイチ

・夏場は涼しいが虫が……