IMPRESSION

インプレッション

R nine T Racer easy position kit

BMWBIKES vol.89 掲載記事

SW-MOTECH
Text / BMWBIKES編集部
問い合わせ / FEED SPORTS JAPAN
www.feed2007.com
取材協力 / FEED SPORS JAPAN
BMW Motorrad MITSUOKA SUZUKA

R nineT Racer
を快適仕様に
ツーリングライダー

必見カスタム!

R nine T Racer
easy position kit


カラー:ブロンズ・ブラック
価格◎17万500円(税込)

かっこいいけど
我慢していた

 今までになかったスタイルで登場し、その名のとおりレーシーなロケットカウルを装着したR nineT Racer。そのスタイリッシュなカウルだけではなくセパハンも魅力のひとつだ。またがっただけでその気にさせる攻撃的なポジション。過激なライディングシーンを容易に想像させることだろう。しかしその前傾姿勢のために購入後辛く感じ、それ以前に購入自体をためらった方も多いのでは? しかしこのスタイリングはBMW Motorradの中でも唯一無二。セパハン以外ありえないし、構造上アップハンドルにするのは無理そう。でも少しでもハンドル位置がアップになれば、と誰しもが思っていたことだろう。

 今回紹介するこのパーツの製造元であるFEED SPORTS JAPANの代表の門田氏も同じ悩みを抱えていたひとりだ。店頭でRacerのスタイルに惚れたものの、そのポジションの辛さに諦め、RSを購入。しかしRacerのかっこよさを忘れられず結局購入してしまった。それではと自動車関連の製造業で培った技術をいかしRacerのポジションを改善するキットを開発することに。

 幾度も試作を繰り返し完成に至ったのがこれだ。実際にまたがると上体が起き、腕や手首にかかる荷重があきらかに違う。首の疲労度も軽減し、長時間のライディングが楽になる一品だ。他にもワイドスクリーンなどもラインナップ。オーナーが開発者だけあり、痒いところに手が届くパーツだ。R nineT Racerのカスタムシーンのさらなる充実に期待したい。

キット装着

50mmUP/22mm手前に

腕の曲がり具合とヘルメットの位置に注目して欲しい。各部に余裕ができているので負担が少ない。危険回避などのとっさの動きにも対応できることだろう。心の余裕も生まれるのでツーリング時には肉体疲労だけでなく精神的にも楽になる。

ノーマル

メーターステーも交換となる。シルバーのパイプ付のステー(左)は純正ナビや携帯電話ホルダーをつけるため(別売8000円)。

キットにはセパハンだけではなくトップブリッジが同梱されている。専門知識が必要なので取付作業はディーラーにお願いするのが良いだろう。

バーエンドにSUSのウエイトを装着し、振動を軽減。アルミ製のエンドキャップは青銀金黒から選択可。

フロントフォークの上にハンドルのクランプかぶさる形となる。ブロンズのトップブリッジがコクピットの質感を向上させる。